検索
  • 清保堂

季節の変わり目

暑さ寒さも彼岸まで、と昔からいいますが言葉の通り

暖かさを感じる日が多くなってきました。

春に活発になる「肝」を元気にするためにオススメなのが、アミノ酸、タウリンを多く含むタコです。

更に玉ねぎも合わせて摂ると肝臓の動きを助け、尚良いです。

神経が疲れやすい時期でもありますので

寝る前の1時間は携帯や電子機品を避け

神経を休めましょう。

♫清保堂本店にて、漢方の相談を

​ 承っております。ご相談下さい♫

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年度の疲労にご注意

新年度が始まり、皆様いかがお過ごしでしょうか? 4月度は冷静さに欠けやすい月です。 新しい事に挑戦したり、新しい事が始まったりと 何かと気を使う時期であり肝が疲れやすくなります。 冷静にこなしていけば問題ないのですが 焦りや不満、疲労が溜まると要注意です。 そんなあなたにおすすめの食材がピーマンの肉詰め! お肉の鉄分とピーマンのビタミンを摂り抗酸化作用 ​肝機能の改善をしましょう。

腎虚にご注意

​​寒暖差が激しく、体調を崩されてはいませんか? バレンタイン等のイベントがあり甘い物の誘惑が多くなる時期なので注意したいのが血糖値です。適度な甘い物はストレスの緩和に繋がりますが、取り過ぎは血糖値の上昇や肌へのストレス、心臓への負担等、体への負荷がかかってしましいます。そこでオススメしたいのが 豆乳とえびと玉ねぎのスープです。豆乳は血糖値を抑え エビは体を温め、玉ねぎは言わずとしれた血液サラサラ

バレンタインにご注意

​​寒暖差が激しく、体調を崩されてはいませんか? バレンタイン等のイベントがあり甘い物の誘惑が多くなる時期なので注意したいのが血糖値です。適度な甘い物はストレスの緩和に繋がりますが、取り過ぎは血糖値の上昇や肌へのストレス、心臓への負担等、体への負荷がかかってしましいます。そこでオススメしたいのが 豆乳とえびと玉ねぎのスープです。豆乳は血糖値を抑え エビは体を温め、玉ねぎは言わずとしれた血液サラサラ